初めての医院研修旅行(MFTコース編)

                
3430 Views 

お待たせしました 先週ブログの続きですblush

先週末、京都で2日間に渡ってみっちりおこなわれた、高橋矯正歯科クリニック(東京都世田谷区)の高橋先生ご夫妻によるLAS-MFT(口腔筋機能療法)コース。僕が初めてこのコースを受講したのは2005年。今では毎年このコースのスタッフとしてお手伝いをさせていただいておりますが、西岡矯正歯科医院のスタッフ達にとっては初めての実習参加となりました

教科書_500

 

まず、MFTって何? という方のために、MFTについて簡単に説明しましょう。一般の方も知っていて損のない情報だと思います。特に、例えば、

「うちの子(あるいは自分自身)、滑舌(かつぜつ)が悪い気がする。特に“さしすせそ” や “たちつてと”。しゃべってる時になんか舌が歯の隙間から見える感じがするし・・・」

「うちの子、食べ方が汚いのがずっと気になってる(ご自身の場合、気付いていないこともあるかもしれませんね)」

「気付くとよく口(唇)が開いた状態になってる

「矯正治療したのに後戻りしてきたみたい

なんて思ったことのある方は、MFTが助けになる可能性があります。

 

 MFT(口腔筋機能療法)とは、「歯並びをとりまく筋肉の働きを整えるための訓練法」です。

歯は、内側からは舌の、外側からは唇や頬の筋肉の圧力をたえず受けていますgrimacing健康な歯並び・咬み合わせを長期にわたって保つには、これら筋肉の圧力のバランスが良い状態でなければなりません。

 咀嚼(そしゃく:咬むこと)、嚥下(えんげ:飲み込むこと)、発音呼吸などの機能が正しく行われていないと、歯並びにかかる筋肉からの圧力のバランスが崩れ、不正咬合矯正歯科治療後の後戻りなどの原因となります。また、矯正治療中においても、歯を動かそうとする力の妨げとなり、治療期間が長くなってしまうことがあります。

MFT_600

*上下顎前突、開咬については、コチラ

 

そこで、MFTでは、お口周囲の個々の筋肉の訓練(筋トレ)、咀嚼・嚥下・発音の訓練安静時の唇・舌の位置の訓練などを行うことによって、歯並びにかかる筋肉の圧力のバランスを整え、それを維持することを目指します。 

また、姿勢が悪いと、必然的にお口周囲の筋肉のバランスが崩れてしまいますので、まずはストレッチなどを取り入れ、姿勢を良くすることから始めていきます。本人は姿勢を正しているつもりでも、横から見ると、背中が丸まって顎が前に突き出た状態になっていたり、首が前に傾いた状態になっていたりして、実際に画像を見せることで初めて自覚されることも多くあります。アナタやアナタの周りの人達はどうでしょうか??

姿勢_500

 

こうした訓練をすることで、姿勢が美しく、顔もほっそりして、発音が正しく、食べ方も美しくなった、という事例を多くみることができます。

高橋先生らは、毎回のトレーニングの様子を動画で記録されているので、経時的に見るとその変化にはとても説得力があり、患者さんのみならず、それを目にした僕ら指導者達のモチベーションも上がります

講習会_600

実習を受けている皆さん、姿勢がよいですね

 

矯正治療を行う上でMFTが必要と判断され、MFTを併用した患者さん。男女関わらず、歯並びの改善に加えて、姿勢発音食べ方が変わると、顔つきまで変わり、ご自身でもその変化に驚かれ、喜ばれています。また、治療後数年経過した現在でも、後戻りなく過ごしていらっしゃるのです

 

MFTは主に米国において1950年代より発展を遂げ、MFTの国際学会であるIAOM(International Association of Orofacial Myology)は1972年に米国で設立されました。日本においても、日本口腔筋機能療法研究会(MFT研究会)が2002年に設立され、2013年には日本口腔筋機能療法(MFT)学会に移行し、その重要性が年々注目されてきています

 実際に、現在、MFTの重要性をきちんと把握し、訓練をおこなってくれる(矯正)歯科医院はまだ少ない印象ですが、高橋先生ご夫妻は、いち早くこのMFTの重要性に着目され、ともにIAOMの認定資格(Certified Orofacial Myologist)を取得されています

 

西岡矯正歯科医院でも、患者さんの歯並び咬み合わせに加え、周囲の筋肉の状態発音なども観察させていただき、検査結果も合わせて、必要と判断した場合にはMFTを提案させていただいております。

歯並びさえ良くしてもらったらいいのに、なぜそんなことまでしなければならないの??・・・と最初は思われても当然なのですが、じっくり説明させていただくと、納得していただけることがほとんどです。中には、「長年の悩みを初対面の先生に指摘されてビックリです歯並びだけでなく、話し方や発音まで治せるんですね」と、治療に対してとても前向きな患者さんもいらっしゃいます

 

MFTは患者さんにとっても指導する側にとっても、少々根気のいるトレーニングです。

西岡矯正歯科医院、スタッフ一丸となって、MFTにも力を入れていきたいと思いますmuscle

賞状_500

 

MFTの話に熱が入り過ぎて、楽しかった懇親会のお話までたどりつけませんでした

続きはまた次回〜 (引っ張るなぁ

 参考)

 

カテゴリー: 矯正 タグ: , , , , パーマリンク
Follow NOC Blog | 西岡矯正歯科医院 ブログ on WordPress.com