歯のクリーニングについて教えて!

                
1655 Views 

年末年始に向けて、髪を切りにいかないとな〜

と思っていらっしゃる方、僕以外にも多いのでは??

同じように、歯の汚れを落としに行かないとな〜と思ってくださる方、最近増えてきているようです。

西岡矯正歯科医院でも、「歯石と歯の着色を落としていただけますか?」というお問合せの電話をいただく機会が増えてまいりました。驚くことに?男性からの日曜日・祝日予約が目立ちます

とても喜ばしいことですsmiley

「わかってはいるんだけど、時間とか値段とか、どれほど効果あるのかもわからないし。そんなことを考えてたらついつい行きそびれるんだよねー。」

という方々のために今日は当医院での歯のクリーニングについてご紹介させていただこうと思います

 

当医院では通常、1回のご来院で、問診等も含め約1時間を予定しており、治療費は5,000円です(税別)。

買い物の合間、仕事帰り(平日は19:00まで受付。それ以降の時間は要相談)でもお気軽にどうぞ blush

治療内容ですが、

まず、専用ブラシを使って歯に着いた「プラーク」と呼ばれる汚れを隅々まで落としていきます。

blush300

次に、エアースケーラーという機械で、歯の表面に付いた歯石を落としていきます。

airsc300

ここまでの作業で、普段の歯ブラシでは取れない汚れを専門的にしっかりと落とします。

 

さあ、いよいよ着色除去に取りかかりましょう

写真のような機械と細かいパウダーを用い、ブラシが届かない歯と歯の隙間までも着色を除去していきます。非常に細かい粒子ですので、痛みはほとんどありません。

salt

最後に、歯の表面をツルツルに磨いて、プラークが付着しにくい環境をつくります。

PMTC

完成です

下の症例(クリーニング希望で来院された患者さん)は、歯茎の状態を見ても虫歯がないことからも、普段ていねいに歯磨きをしていらっしゃる様子がうかがわれます。

どんなにていねいに歯磨きをしても、歯石や着色は付いてしまうものです。

ですから、3ヶ月〜半年、少なくとも1年に一度は歯医者さんで専門的に汚れを取ってもらうことが大切です。

IMG_1587

IMG_1590

ご自分のお口の中を鏡で見てみましょう

下の前歯の裏側、大丈夫でしょうか??

ぜひ一度、歯のクリーニングを体験してみてください。皆さん、本当に喜んで大満足で帰っていかれます

 

注意点としては、歯の詰め物が変色している場合は、クリーニングでは変色を治すことはできないので、その詰め物自体をやり替えなければなりません。また、加齢による黄ばみは汚れではないので、ホワイトニングをしなければ十分な効果が期待出来ない場合があります。

(ご自分でよく分からない時にはご相談ください。見させていただければ判断がつきます。)

また、当医院は矯正専門の歯科医院ですので、虫歯や歯周病の治療、あるいは歯の詰め物の交換は行っておりません。クリーニング時にそうした治療が必要な箇所を見つけた場合には指摘させていただくとともに、ご希望であれば一般の歯科医院を紹介させていただきますsmiley

 

歯が綺麗になると、見た目も心も明るくなります

年末のパーティーや新年のご挨拶前にぜひどうぞ

歯のクリーニングについての詳しい説明はコチラ

 

カテゴリー: 医院情報 タグ: , パーマリンク
Follow NOC Blog | 西岡矯正歯科医院 ブログ on WordPress.com