もし僕が患者の立場だったら知っておきたい矯正歯科事情

                
4077 Views 

「矯正の歯医者さんてどう選べばいいのopen_mouth?」

という質問を受けることがありますが、確かに、なかなか難しいですよね。

歯科医師の資格さえ持っていればどんなドクターでも『矯正歯科』の標榜を出すことができるので、その先生が矯正の技術・知識をどの程度持っているのか患者さんにはよくわかりません。

矯正歯科治療は歯科の中でも特殊で、歯学部卒業後、国家試験に合格し、研修医を終了した時点で矯正治療の経験は皆0に近いのが現状です。ですので、一般的に、歯科医師が矯正の専門的な知識や技術を身につけるのはそれ以降となるわけです。

 

日本矯正歯科学会の認定医試験に申請するための資格の1つとして、

(大学病院の矯正歯科など)学会指定研修機関における矯正歯科基本研修およびその期間を含めて、5年以上にわたり、矯正歯科臨床研修を修了した者・・・

とあります。

僕らの時も、6年間の歯学部を卒業してさらに5年間、なんとか授業料を払いながら矯正歯科に残って勉強している多くの仲間がいました。

 また、一般歯科の先生でも、何年もの間、自分で講習会や実習を受けたり経験を積んだりして、腕のいい先生もいらっしゃいます。

 

 一方で、さきほど書いたように、矯正の技術や知識、経験をほとんど持たない歯科医師でも、歯科医師免許さえ持っていれば、『矯正歯科』を標榜し、患者さんに対して矯正歯科治療を行うことができるのです。

 では、どうやって、ご自身やお子さんの矯正治療を任せるドクターを選べばよいのでしょうか?その病院の矯正治療医についてホームページなどで調べるのもよいでしょうし、あとは、やはり初診相談に行って実際に話を聞いてみるものいいでしょう。でもまあ実際のところ、なかなかわからないですよね。

 ただ、少なくとも、治療開始前にあなたの歯並び・骨格・周りの筋肉のバランスをきちんと検査、分析して、その診断結果や見通しを明確に説明してくれる先生が安心だと思います。

 

 矯正治療開始前の検査、分析??

当医院の検査〜治療開始前までの流れを紹介してみようと思います。

 ① 検査

顔面写真・口腔内写真

blog1-600

パノラマX線写真・頭部X線規格写真・歯列模型

blog2-600

*詳しい説明は、http://noc118.com/procedure.html

 

矯正治療の目的は、以前のブログ(お子さんあるいはご自身の矯正歯科治療を考える時に)でも紹介したように、

blog3-600-2

ですから、その目的が達成できるよう、検査資料を基に、どの歯をどの方向に何ミリ動かせば、あなたの歯並び・顔立ちが美しく機能的になるのかを分析治療計画を立てます。

 

  分析・治療計画

blog4-600

 

下の例では、黒いラインが治療開始前の横顔と歯の位置、赤いラインが治療後の横顔と歯の位置を表しています。

その他、抜歯予定の歯、用いる装置、治療予定期間を示しています。この症例の場合、治療期間は約33ヶ月を予定しています。

blog5-600

 

下の写真は、検査時にとった歯型です(上の段)。これを元に、治療後の状態を予測するセットアップ模型を作成する場合もあります(下の段)。この模型を見ると、患者さんの意欲も俄然UPするようですねsmiley

blog6-600

 

専用装置の作成

舌側(裏側)矯正の場合は、個人の歯の形に合わせた特注の装置が必要です。当医院では、下のような注文書(技工指示書)と精密な材料でとった歯型を、今は、フランスにある技工所に送り、コンピュータを用いた最新の機械でその人専用の装置を作成してもらいます。

blog7-600-2

 

 装置をつける

装置が届いたら、いよいよ治療開始です。

blog8-400

歯並びを良くすることは、見た目が美しくなるだけでなく、清掃しやすい状態にすることで歯を虫歯や歯周病から守り長持ちさせることにつながります。また、噛み合わせをよくすることで、食べ物がよく噛め、食事が美味しく、健康にもつながっていきます。

矯正歯科治療を受けようとする方々が、正しい情報と選択肢を持ち、納得のいく治療を受けることができればいいなと思います。

 

frowning西岡矯正歯科医院、明日から2日間(12,13日)は休診となっております。ご予約・お問合せは、ホームページから承っております。

 

カテゴリー: 矯正 タグ: , パーマリンク
Follow NOC Blog | 西岡矯正歯科医院 ブログ on WordPress.com